August 18, 2017

日本代表選手を応援しよう!
SUPAでは、このたび日本代表選手(10名)からの要望を受け、各選手の遠征費用等の自己負担分について、少しでも負担が軽くなるよう日本代表選手自らがデザインした「2017ISA日本代表応援Tシャツ」の販売支援をさせて頂くこととなりました。売上金につきましては、すべてSUPAを通じて各選手へお渡しします。皆様の暖かいご支援をお待ちしております。

http://supa-japan.org/event/2017ISAWorldSUPandPaddleboardChampionship

第2回彩湖マーボーロイヤルカップ

今年から始まるPSAJプロツアーの記念すべき第1戦となった彩湖カップ。
ゆるい北風の中をアップダウンのフラットレース8kmとなりました。
スタートからケニー金子選手が飛び出し若松選手、和田選手、葛西選手に女子の佐藤選手に自分が追う展開。
ここでケニー金子選手に先行をさせた時点で勝負は決まったと後から思いました。
自分の今の課題はスタートでトップ選手に付いて行けるダッシュ力と再確認。

この課題を再確認出来ただけでも来た甲斐がありました。
第1ブイ1500mまで女子の佐藤選手に張り付かれて佐藤選手の漕ぎ力に...

レースレポート
APP JAPAN
2017/05/06.07

Association of Paddlesurf Professional
APP World tour(レース世界ツアー) の第2戦目、APP in JAPAN がゴールデンウィーク末に湘南片瀬東浜海岸でキックオフ。

片瀬東浜は普段は、湾のように江ノ島と漁港に囲まれた、落ち着いたタウンビーチ。20代中盤まで出ていたライフセービングの競技者時代は、西浜や鵠沼には幾度となく大会や練習で入ったことはあるが、東浜に入るのは初めて。まさか、ここでスタンドアップパドルのレースをして...

KERAMA BLUE CUP 2017 無事終了し帰宅。

1日目は真っ暗な空の下、強烈な風雨と風波によるサバイバルのようなロングディスタンスレース。2日目は、天国のような真っ青な海と暑い太陽の下のスプリントレース。綺麗で楽しいだけではない、離島の厳しさや逞しさの両極端を身体全身で満喫した2日間だった。

月曜日からいつも通りの仕事をしつつ、日焼けと疲労で、船酔いのような座間味酔いを心地よくずっしりと身体で感じている。

この振り返りはロングディスタンスのレース内容だけにフォーカスしたいと思う。スプリントや、大会運営については再度時間を見つけ...

April 19, 2017

<iframe src="https://www.facebook.com/plugins/post.php?href=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2Fpermalink.php%3Fstory_fbid%3D1830768190577825%26id%3D1808241632830481&width=500" width="500" height="541" style="border:none;overflow:hidden" scrolling="no" frameborder="0" all...

April 7, 2017

第1回PSA-Jプロトライアルのご報告です。

すでに開催実施お知らせ等ありますが、改めまして。

「レース:6名」
6kmをMen 40分、Women 45分基準。
記事にもあるとおりレース中は北東に変わったのですが、ブイを打つ前は北西風が7,8mでありことからコースレイアウトとブイ位置を決定しました。ブイ2個、直線1kmのレイアウトで6km設定値。ですが、風が変わったのと、ブイのアンカー短かったので第1ブイが流され、結果6.7kmとなりました。風は沖で7~10トップは44分台でした。シンガリは1時間くらい。私はレース担当として、ブリーフ...

APP WORLDシリーズ MAUI WQSクラス3番でした。

一番マウイボーイ、二番褐色の弾丸テルテオさんだったのでまあまあの結果かな。

応援してくださったマウイオハナの皆さん、色々サポートしてくださったTOMOKOさん、レジストやレース説明が全て早口英語でほとんど理解できない自分に色んな情報をくれたkenny、たくさんの方々のお陰だと感謝しております。

ありがとうございました。次は沖縄・座間味レース気合い入れていきます。

播磨灘CUPから先程夏の石垣島に帰って来ました。
いや〜石垣島は暑い 26℃です。

播磨灘CUPをRivieraライダーの自分の目線からレポートします。

天気は晴、風はエリートクラスの時間になると南西の風6m〜かな?
10kmのエリートクラスには全国の若手トップ選手が集まっていて30代、40代のトップ選手が集まっていた昨年とは違いかなり若返った大会という印象でした。

スタートして序盤からトップを走ったのは小松山選手(スターボード)で2番手に福井選手(ナッシュ)で自分の順でオープニングラップ。

小松山選手は14才ながら身長を180cmの恵まれ...

Please reload

最新記事

April 7, 2017

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square